店舗から見たアパレルの物流に必要なもの

利用する際に意識してみよう

日頃、日常的に着用する物や、気合を入れる時に着るものなど、さまざまな衣服をアパレルショップを利用して購入していると思います。アパレルショップを利用しているうちに、アパレルの物流がどうなっているのか興味を持ったことはないでしょうか。ここでは、そんなアパレルの物流についてご紹介していきます。
アパレル業界では、他の業界にも増して物流に気を使っています。生産した衣服などの商品を各取引先に分別しておき、品質を落とさないように管理しつつ、販売する店舗まで送り届ける必要があります。そのサプライチェーンは、企業により千差万別で複雑な様相を呈しています。
これらの事情を踏まえて、アパレルにはロジスティクスが必要とされています。ロジスティクスとは、物流の流れを一元管理し、すべてを効率化、最適化することで、無駄なコストと作業を省くことを言います。
また、ロジスティクスの他に、倉庫も重要です。消費者が商品を購入するためには、店舗に商品を陳列しなければなりません。それを、必要なタイミングで行うために倉庫がいるのです。アパレルが扱う商品は数が多い上にかさばります。流行の物を大量に仕入れるとすぐに倉庫の空きがなくなってしまうほどです。そのため、ロジスティクスが重要視されている訳ですね。

問題が起こらない為の解決方法

売上や集客がカレンダー通りの休日に偏りやすいアパレル業界においては川上(生地)、川中(メーカー)、川下(店舗)を繋ぎ合わせることが売上向上には必要であり、そこを担う重要なファクターの1つとして物流があります。実際に店舗運営をしている立場からメーカー倉庫への目線で問題や、その解決方法について3つ程挙げさせて頂きます。
まず物流が止まると全てが遅れ売り逃がしに繋がります。商品手配が半日でも遅れると大惨事になります。アパレルは水物で、然るべき場所に然るべきものがないといとも簡単に店舗売上は落ちてしまいます。当然のことですが年末年始等は交通も乱れやすいので商品手配は前持ってするべきです。
次にシステムの構築です。昔ながらの会社では投資を嫌い、システムを取り入れないところもあると思いますが、そうはいきません。常に在庫を店舗から把握出来、必要な物を必要に売らなければ利益は取ることが難しい中で、システムを導入しないことは死活問題です。
最後に物流スタッフへの待遇です。給料も低くワンパターンで単調化された職場環境では物流スタッフもハレーションを起こします。物流が滞る前に給与を上げる、休日を増やす等して対処しなくてはなりません。以上3つがアパレル店舗目線の物流の問題点です。現場からの見ると、物流が止まると取れる売上も取れなくなります。たかが物流と思わず企業は危機感を持って改善すべきです。

CALENDAR

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARTICLE LIST

2017年08月07日
アパレル物流業者は対応で選ぶを更新しました。
2017年08月07日
店舗から見たアパレルの物流に必要なものを更新しました。
2017年08月07日
アパレル業界の物流の仕組みを更新しました。
2017年08月07日
アパレルの物流がもたらす変化を更新しました。

CHOICES CONTENTS

アパレル業界の物流の仕組み

ワンストップ業務とは アパレル業界において、物流業務を効率的なものにするのはとても大切なことです。物流…

MORE...

店舗から見たアパレルの物流に必要なもの

利用する際に意識してみよう 日頃、日常的に着用する物や、気合を入れる時に着るものなど、さまざまな衣服を…

MORE...

アパレル物流業者は対応で選ぶ

大幅なコスト削減に繋がる アパレルの物流には、運送や保管、仕分け、流通加工などがあります。この物流シス…

MORE...

アパレルの物流がもたらす変化

最先端の物流管理 ファッションの花形的存在のアパレル(ファッション)業界ですが、華々しいファッション業…

MORE...

Copyright(C)2017 アパレル業界にとって物流業者は作業の潤滑油 All Rights Reserved.