アパレル物流の環境が整うまで

工場選びが最重要

まずは慎重に工場を選びましょう。近年、日本のアパレルメーカーは生産拠点を徐々に海外に移し始めています。中国をはじめアジア諸国に展開し、商品を管理しはじめています。日本からだいぶ離れた国での生産においても、国内での生産においても商品の品質はどこにいても一律かつ生産性のレベルを保つ必要があります。国内の縫製工場で生産されるものは一般的に生産ロット(生産の金額や数量)が少ないものや単価が高くてディティールにこだわりがある商品の場合が中心になっています。
一方で海外で生産されることが多い服のタイプは、一定の形と単価の安いものが海外での生産に回されます。複雑なものは国内、簡単なものは海外といった感じです。縫製工場はどの工場も同じ作業をしているわけではなく、細かく工場ごとに任務を変えて役割を担うようにしています。A工場はカットソー、B工場はジャケット、C工場はニットと細分化させて進行しています。
そのため商品を生産する工場を選ぶときは工場の得意分野と、得意分野を活かせる素材や形を宛がっていきます。こういった適材適所の配置の前に、工場のタイプを細かく知ることが大きなカギとなっています。アパレルメーカーは長く存在するためには工場との関わり合いが重要で、企業同士の協力を得られないと商品の生産性にも影響が出てきます。工場との関わりにも慎重に対応し、メーカーと工場ともにお互いに信頼出来るかどうかが大切な判断材料になります。

専門の流通経路

アパレル物流という言葉があります。ですがその実態を知る人は少なくどのようなものなのか知らない人がほとんどです。今回はアパレル物流とは何かといった事をご説明させていただきます。アパレルというのはファッション関係の仕事のことをアパレルと言い、ショップ定員やデパートの洋服売り場の人のことをアパレル定員と言うのです。
洋服や装飾品を市場に出したり今ある店舗から別の店舗に移したりすると洋服やファッション関係の物を専門に動かす導線の部分や運送の専門業者を構えているとこなどをアパレル物流と言います。ファッション関係専門の運送屋、運送方法などの洋服に関わる専門の流通導線の事を指します。アパレル物流の存在はあまり世間に知られておらず、通常の一般的な物流に含まれておりアパレル専用の物流ラインなどないと思っている人ほとんどだと思います。
ですが、今の若い世代を中心としてファッションに興味が高い人が増えてきています。そのファッションに興味が高い人達のおかげで安くて良い物を大量に市場に出さなくてはいけないのです。そのファッションが好きな若者たちが多くいる事によってアパレル物流という専門の流通経路が出来てきているのです。

ワンストップ物流サービス。 物流については専門の物流システムを導入していることから、誤出荷を極限にまで減らしています。 量販店・メーカー様・小売店の出荷代行サービスだけでなく、返品処理にも対応しております。 アパレルメーカー様、卸様、量販店様、小売様(リアルショップ・ネットショップ)等幅広く実績あり。 物流コンサルティングも展開していることからアウトソーシング以外でもお手伝いさせて頂きます。 アパレルの物流サービスならおまかせ!

CALENDAR

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARTICLE LIST

2017年08月07日
アパレル物流業者は対応で選ぶを更新しました。
2017年08月07日
店舗から見たアパレルの物流に必要なものを更新しました。
2017年08月07日
アパレル業界の物流の仕組みを更新しました。
2017年08月07日
アパレルの物流がもたらす変化を更新しました。

CHOICES CONTENTS

アパレル業界の物流の仕組み

ワンストップ業務とは アパレル業界において、物流業務を効率的なものにするのはとても大切なことです。物流…

MORE...

アパレルの物流がもたらす変化

最先端の物流管理 ファッションの花形的存在のアパレル(ファッション)業界ですが、華々しいファッション業…

MORE...

アパレル物流業者は対応で選ぶ

大幅なコスト削減に繋がる アパレルの物流には、運送や保管、仕分け、流通加工などがあります。この物流シス…

MORE...

店舗から見たアパレルの物流に必要なもの

利用する際に意識してみよう 日頃、日常的に着用する物や、気合を入れる時に着るものなど、さまざまな衣服を…

MORE...

Copyright(C)2017 アパレル業界にとって物流業者は作業の潤滑油 All Rights Reserved.